ガラスコーティングの耐久性を比較して選ぶ

ガラスコーティング剤の耐久性を比較

ガラスコーティングを選ぶ際にかなり大きなポイントとなるのがやはり耐久性ですよね?

せっかくある程度の金額がするものを購入して、休日に時間と労力を使って施工するのなら少しでも長くその効果が持続してくれると嬉しいものです。。。
実際にはコーティング剤の耐久性を比較するというのは非常に難しい事なのですが、多くの意見などを参考に、メーカーの公表値と実際に施工したユーザーの声からの平均値をご紹介していきたいと思います。

 

 

いつかはやってみたいガラスコーティングの耐久性一斉比較

 

私がガラスコーティングの実験でやっているような形で、アクリル板にある程度区切って施工をしていき、その耐久性をいつか実験してみてたいと思っているのですが、まだまだ私の手元にあるガラスコーティングでは種類が少ないので、10種類ほどになった時に是非試してみたいと思っています。

条件なども全く同じなのでかなり正確なランキングをつける事が出来ますよね!
手元のコレクションが10種類程度になったらやってみたいと思いますので、残り5種類を早く集めないといけませんね。。。

 

 

コーティングの効果が切れた状態とは?

 

この部分の見極めが非常に難しい為、上のような方法で比較しなければ実際にはかなり難しいと思うのですが、

 

私個人的には

 

  • 撥水・親水状態が洗車してもほぼ感じられなくなってしまった
  • 傷消し効果が薄れてきた
  • ツヤが無くなったきた

 

と言うのが体感的には分かりやすいですよね?

 

実際には撥水や親水状態が無くなるのは実際には被膜の上に汚れなどが蓄積してしまった状態の場合にも起こります。

 

その為洗車してもと言う形にしてあります。

 

 

ガラスコーティングの耐久性の比較

 

 

耐久性が3年以上

 

スーパーピカピカレイン

 

やはり長期間耐久と考えると絶対に忘れてはいけないのがスーパーピカピカレインですよね!

作業に少しコツがいるので初心者の方はちょっと難しく感じるかもしれませんが、プロ並みの仕上がりをDIYで実現する事が可能です。
金額も高いのですが、非常に高い評価と多くのリピーターも獲得しているのが効果の証です。
メーカー公表値3年はメンテナンス次第で実現できそうですが、1-2年で重ねて施工している場合が殆どのようです。

 

 

クリスタルガード・プロ

 

乾式、湿式から施工方法が選ぶ事が出来るのでちょっと自信がない方でも高い効果を簡単な施工方法で実現する事が出来ます。メーカー公表値が驚きの10年ですが、さすがに・・・と思ってはいるのですが、8年間の耐久性は実感していると言う声もあります。

私自身も以前使用した際に1年半は効果を実感できたのですが、更なる効果を期待して重ね塗りしてしまいました。
1本で3-5台分ありますので、やはりある程度の期間で重ねて施工する方が殆どで実際に超長期間の放置に関してはハッキリとした事が不明です・・・

 

 

 

Briss Neo

 

メーカー公表値が12ヶ月ブリスの中でも最もツヤなどの効果も高いとされています。実際にブリスXなどと比べても疎水効果が長く感じられると言う事で、のり替えている方も多いようです。

口コミ等では殆どの方が半年程度で効果が薄れてきているのを体感しており、重ねて施工しているのですが、比較的施工が容易で1本で10台分以上の量ですので、2-3ヶ月ペースで重ねて施工するのが理想的な方法ではないかと思います。

 

⇒ Brissの実験とレビューはこちらで紹介中

 

 

 

ガラスコーティングの耐久性を比較して選ぶ関連ページ

傷消し効果

ガラスコーティングとは? ランキング 下地処理 商品レビュー